TAMIYA 1/24 HONDA Fit #1

昨年3月の「2×4」展示会で、お題が「赤い車」だったんです。
ちょうどうちの足車が赤いフィットなので、それを作ってみるのも面白そうかと思って、いまだに全然完成してなかったってことです。

ということで時々さわってるフィット(おうちブーブー)です。

実車もキットと同じ前期型なので、テールライトなんかはそのまま作れますが、モデューロのエアロが付いてたり、よくわからないホイールを履いてたり、微妙にノーマル状態ではないので、どのようにしようかなと考えながら下地処理の開始。
ボンネットやドアなどの開閉部のスジ彫りは0.15のタガネで彫り込んで、#400~#600のペーパーでパーティングラインとヒケの処理をしていきます。
下地処理の際、エッジ部分を極力立てるようにしていますが、趣味です。
ボンネットのマスキングは中央のエッジ保護で貼ってます。

バンパーとボディの継ぎ目やドアノブ周りのスジ彫りは0.15より気持ち細めのもので掘り込んでます。
この微妙な差もただの趣味です。

子供のおうちブーブー判定。
・とりあえず赤ければスーパーカーだろうがなんだろうが「おうちブーブー」←まぁわかる。
 (最近ワゴンRのようなミニバンタイプは「郵便屋さん」に変化)
・色は違うけど同じ型のフィットも「おうちブーブー」←お、やるじゃん。
・色も世代も違う「フィット」を「おうちブーブー」←えっ
そんなわが子が最近好きな車は「ピンクブーブー」。

そんな余談はおいといて、下地処理を終えたところ。

いつもの裏側を黒塗装したところ。
今回何箇所かのドアだけパカパカさせようかと考え中でしたが、あんまりさわれる時間がないので固定でもいいか。って気もしてます。

視覚的に実際のインチ数より小さく見えちゃうなぞホイールは3D出力のためにデータを作成。純正ホイールでも全然OKな人ですが、こういうのは模型趣味人としては楽しい部分。
ホイールキャップだけメッキなので別パーツに。

バンパーに付いてるフォグランプもデータ作ってみました。
たぶん一発では合わないのでデータ修正するか、現物合わせるかは出力品ができてから。

今後の車関係の製品展開でいろいろやってるなかでひとつ進展があったので近々お知らせします。

ではでは。

Related posts

Leave a Comment