メカロボガレキ研究室 1/35 X・ATH-01 プロトタイプ・ストライクドッグ 改造パーツセット #2

「メカロボガレキ研究室」の第2弾「 1/35 X・ATH-01 プロトタイプ・ストライクドッグ 改造パーツセット」 が、予定より遅れましたが5月15日にリリースとなりました。
ご購入頂きました皆様、ありがとうございます。

前回のフィアズリーは一般流通で販売、今回のプロトストライクは八咫烏運営の「SMC-Zero」のみでの販売としました。
前回と今回で把握できた部分を踏まえて、次回以降変えてみようという部分も少しずつですがわかってきましが、キット内容や販売方法含めまだまだ工夫の余地があります。

第3弾は申請済みなので1/20スケールになりますが、第4弾以降はキット化のリクエストを頂いたこともあり、また1/35で検討しています。

カラーレシピが無いよ。とご指摘頂きましたので、簡単になりますが載せておきます。
・ブルー部分:クレオス-80/コバルトブルー+クレオス-2/ブルー+ガイア-034/純色マゼンタ少々
・グレー部分:クレオス-331/ダークシーグレー
・パーツH-2:クレオス-138/クリアーグリーン
・カメラ部分(赤):赤色のカッティングシート
・内装等はベースキットの指示通り

としましたが、あくまで参考程度に、お好みで仕上げて頂ければと思います。

極力調色無しで仕上げたかったのですが、青部分は「これかな?」って色を時間内に見つけられなかったので調色してます。
また、クリアーレッドではなくガイアの純色マゼンタにしてるのは、混ぜても濁りが無く、染料ではなく顔料系なのでクリアーコートしても染み上がりが無いためです。

自身で組んでみた印象としては

・ボディ部分はいくらかスリ合わせや隙間埋めが必要。
・バイザーが若干キツめだったので気持ちもう少しクリアランスとった方が良かったかも。

といった辺りです。

レジンという素材の都合による部分もありますが、少し頭に入れておいて次のキットに移ろうと思います。

にしても4月はオーダー頂いていたエッチングの版を少し作りなおしつつ次回の試作もいくつか作りつつ、プロトストライクの完成見本の制作にインスト作り、パッケージングやら何やらとやりながら、期限延長にはなりましたが確定申告も個人分と法人分とありで、まぁとにかく忙しかったです。
リリース後はリリース後で、プロトストライクが終わるまで待って頂いてたバードケージの生産に即取り掛かるという感じで、ようやくこの記事を書けたのが6月でした。

それでは。

Related posts

Leave a Comment